私がMacBook Air 11インチ(2012)を購入した理由〜iPadとの比較

MacBook Air11とiPad2今回私がMacBook Air 11(2012)を購入する前に一度躊躇したことがありました。
そもそもiPadがあるのにMacBook Air 11インチは必要か?

iPadでもメールだけでなくWebもできるし、テキストの入力やそこそこ画像処理もできる。ちょっと不便に思うのはテキストの入力がめんどくさいってこと。さらにiPadのWi-Fi + Cellularなら場所を気にすることなくどこでもネットできるのでどちらかというとiPadの方がいい。

じゃあ、iPad用のキーボードだけ購入すればいいんじゃない?
って思うとわざわざ高い費用をかけてMacBook Airを購入することに疑問がでてきたのです。

まぁ、結局購入したわけですが、そこにはこんな理由がありました。

  • iPadは家族共有
    データやサイトのパスワードなど管理の面では難しい。仕事のデータを扱いづらい。
  • 外出時の3Gでのネット利用は限りなく制限したい(この理由は別のエントリーで)
    いくらiPadでも無料の無線LANがあるところでの使用になる。

同じような環境の方いませんか?

さらに、仕事上それなりの画像処理が必要であることも大きなポイントになりました。
iPadの場合、必要な機能のあるアプリを揃えた上でアプリ間を行き来しながらの作業になったりすることが多いんですよね。何度かしてみましたがやはりちょっとめんどくさい。仕事でのデータを扱うなら一つのアプリで済ませたいし、そうでないとPCとのデータの連携が難しい。

通信費用を押さえるために無料のWi-Fiスポットを使うならMacBook Airでも同じだし、自分専用のものを持つしかない。という結果に至りました。

とまあ、仕事で使うという大義名分をかかげてますが、何と言っても「MacBook Airを持つ喜び」を味わいたかったのも正直なところ。
持つことで仕事のできる人になった気分を味わえます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です