MacBook Air 11(Mid2012)アクセサリー〜moshiキーボードカバーレビュー

moshi clearguard今回購入したMacBook Air 11(Mid2012) のアクセサリー紹介が途切れていましたので、改めて紹介します。

「大事に使いたい」ということから今回選んだのは「moshi clearguard 11 (USキーボードモデル) MacBook Air 11インチ US用
正直なくてもいいかなぁ、と思いながら、ふと手元のiMacのキーボードに目をやると手アカの痕が。。。

iMacのキーボードはシルバーのアルミに白いキーボタンでできています。しょうがないといえばしょうがないのですが長く使っている間に手アカがついてきますね。これはキーボタンだけではなく、アルミの部分も同じ。
さらに、微妙な隙間でもやっぱりホコリが入っています。

iMacの場合、最悪な時はキーボーを換えれば問題は解決します。でもMacBookの場合はそれが原因で本体に影響してきそうでしたので購入を決めました。

気になったのはキーのタッチ感覚。マックのキーボードのタッチ感覚は好きなのですが、キーボードカバーを着けたことによってそのタッチ感覚を失いたくないわけです。

そこで物色した結果が「moshi clearguard キーボードカバー

moshi clearguard キーボードカバーのレビュー

moshiキーボードカバー薄さやデザインには問題ありません。もちろんホコリの侵入も問題ないです。
さて、気にしていたタッチ感覚。当然つけていない時の方が断然いいですね。キーボードカバーをつけると、キーと手の間に何かある感覚は残ってしまいます。手が汗ばんでいるとさらにその感覚が出てきます。ま、カバーを着けているので当然といえば当然ですが。
文章などを入力する時は一旦外しておいてもいいかもしれませんね。

ただ、キーボードカバーをしばらくつけたまま作業をしていると、キーボタンとキーボタンの間にいつの間にやらホコリや食べ物のクズなどが。
気づかなければこれらもこの隙間に入ってしまうのかと実感。やはりキーボタンカバーはないよりあった方がいいような気もします。
アルミ部分の手アカについては以前紹介した「SPIGEN SGP MacBook Air 11インチ インクレディブル シールド ウルトラ・マット」でカバーされています。こちらは冷たいアルミが柔らかい感触になっているのでぜひおすすめです。
紹介の記事はコチラ→「【アクセサリー】MacBook Air 11(Mid2012)のオススメ保護フィルム

さて、この「moshi clearguard キーボードカバー」の問題はこちら。
ないよりあった方がベターですが、しばらく使っていると透明度が落ちて白くなってきます。他の同じようなキーボードカバーでも同じことになると思います。これはシリコン特有のものなのでしょうがないことではありますが、黒いボタンがくすんで見えるのでちょっと残念なキーボードに見えてしまいます。

洗うことでこのくすみはなくなります。ちょっと面倒ではありますが、清潔に保つ、ホコリなどの侵入を防ぐことを考えればコレくらいは我慢でしょうか。
いろんなキーボードカバーがたくさんある中で、今回私がこの「moshi clearguard キーボードカバー」にしたのも「水や石けんで繰り返し洗うことができる」という 特徴があったから。薄さと強度があるという点では値段相応かと。

さらに、「moshi」ブランドは過去にiPhone 3Gのケースを購入したこともありました。ハードケースでしたが、適度な薄さとデザインの良さ、そしてあの手触りは何ともいえないものがありお気に入りのケースでした。
そんなこともあって「moshi」のアクセサリーには信頼がありましたのですぐに決めることができました。

キーボードカバーには通常のJISキーボード用と、USキーボード用があります
「moshi」のキーボードカバーを検討している時はご注意ください。
また、MacBook Airだけでなく、MacBook Pro用のキーボードカバーもありますよ。

Amazon 楽天
moshi clearguard キーボードカバー一覧
moshi clearguard MBA 11インチ(JIS用)
moshi clearguard MBA 11インチ(US用)
moshi macbook キーボードカバー 一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です